商品のご紹介

・クーロンヌがパンづくりで大切にしているのは、素材がピュアで安全・安心であることです。マーガリンは使用せずにバターやラード、オリーブオイルなどを生地の油脂分にしています。その他の香料や添加物を極力使わずにお客様へご提供できるように取り組んでおります。これからも、より美味しく・安心・安全なパンを提供いたします!

・美味しさの秘訣のひとつ、ライ麦から起こした自家製の酵母「ルヴァン」!ルヴァンをイーストと併用して使うことで、パンの香りや味わいにより深みを与え、保存性も格段によくなります。それではベーシックながら、こだわりのパンを一部ご紹介いたします。

パンのご予約・特別注文のご予約について


<バゲット クーロンヌ>

・「クーロンヌのバゲット」はバタールとバゲットの中間サイズという新しい提案です。長すぎず短すぎず、太すぎず細すぎず、、従来の「フランスパン」から食感・用途などのバランスを調整し、日本の文化により馴染むようにご提供しております。

低温長時間発酵させ、じっくりと熟成させています。自家製酵母ルヴァンを使うことで、味と香りに深みがあります。家庭の料理にも合わせやすく素朴に、ですが噛むほどに味わい深いバゲットです。


<食パン>

・日本人に一番食べられている食パン!なので毎日食べても飽きないこと、安心安全が大事ですよね!自家製酵母ルヴァンを使うことで、熟成された味わい・しっとりと保存性もよく、油脂はラードを使うことで、コクのある仕上がりになっています。耳まで美味しい!


<塩パン>

・巷で話題の塩パンとは異なり、「クーロンヌの塩パン」は至ってシンプル。歯切れの良い生地にたっぷりのオリーブオイルを塗り、フランス産ゲランドの塩をふりかけて焼いています。

表面はカリッと、中はフワッと、底はカリカリに。この3重の食感と、飽きのこない味わいが多くの人々を魅了しています。食事に合わせやすいのも人気の秘訣のようです。


<フルーツライ>

・ライ麦を配合したセーグル生地に、レーズン・オレンジピール・レモンピール・クルミとアーモンドを練り込んでいます。自家製酵母ルヴァンを使った熟成された味わいにドライフルーツやナッツが加わればそれはもう鬼に金棒です!そのまま食べるのも美味しいですが厚めにスライスして軽くトーストするのも、個人的におススメです♪


<究極のソーセージフランス>

・クーロンヌの看板商品ともいえるほど絶大な人気商品です。40センチほどのロングソーセージは、肉屋さんと共に改良を重ねに重ねて完成した究極の逸品!フランスパン生地に粒マスタードと一緒にそのソーセージを包み、高温でカリッと香ばしく焼き上げています。


<BIGチーズ>

・フランスパン生地にた~っぷりのチーズを巻き込み焼き上げています。チーズ好きにはたまらない!ファンも多い商品です。(写真はハーフ)


<つぶあんぱん>

・北海道十勝の小豆から炊き上げる自家製の粒餡をたっぷり包んでいます。ソフトな菓子生地にマッチするように糖度も調整し、毎日食べても飽きないあんぱんにファンも多いようです。


<クリームパン>

・たっぷりのカスタードクリームを包み込んだ定番のクリームパン!もちろん自家製のカスタードクリームなのですが、季節ごとにわずかに味わいを変えています。隠し味のリキュールを夏場は爽やかなコワントロー、冬場は味わい深いネグリタラムに(隠し味ですが隠してませんね)。それも季節の楽しみとして味わってください!


<シュトレン>

・11月中旬からクリスマスまでの期間限定で販売されるドイツの発酵菓子「シュトレン」。クーロンヌのシュトレンは、じっくりと洋酒に漬け込んだ数種のドライフルーツとナッツ類がたっぷり練り込まれ、マジパンを包んでいます。時間が経つにつれてフルーツが馴染み、どんどん美味しくなっていきますが、、私はそうなる前に食べきってしまう事が多くて買い足してしまいます。。もらうとかなり嬉しいので、贈り物にはピッタリです!


 

<ガレット・デ・ロワ>

・「ガレット・デ・ロワ」は新年1月のエピファニーの祝日(キリストの公現祭)に、みんなで楽しく食べるフランスの伝統菓子です。「フェーヴ」と呼ばれる小さな陶器人形を中に入れたクリーム入りの折りパイです。(クーロンヌではアーモンドクリーム、フェーブの代わりにアーモンドホールを入れています*フェーブは別添え)家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り祝福を受け、一年間幸福が継続すると言われています!そんなハッピーで盛り上がれる「ガレットデロワ」は年末年始にかけて期間限定販売いたしております!お土産でもっていくとかなり盛り上がります!